冬のご挨拶

 今年は例年よりも紅葉の色づく時期が遅く、もうすぐ 見応えの頃合となりますが、皆様におかれてはいかがお過ごしでしょうか。 

すし岩におきましても、丹波の松茸や、名残の鱧も献立から姿を消して、今はつい先日解禁になりました、日本海の松葉がにや、下関産のとらふぐ、紀州箕島産のクエといったまさに厳寒期ならではの旨味の濃い素材が、徐々にですが顔を揃えつつあります。

 

みなさまに、召し上がっていただくお料理の内容、お献立も、この寒い京都の冬を乗り切っていただくための身体が芯から温まるような、そのような献立に旨味の強い、冬の特別な素材をあわせたすし岩ならではの御献立をご用意し、お客様のご来店をお待ちいたしております。とはいえ、京都はお魚だけではなく、京都独特の地の 伝統野菜も冬に旬を迎える物もたくさんございます。

 

そんな京都の伝統野菜を今風にアレンジしたお野菜のお料理と旨味の濃い旬の魚料理を色々な形でバランス良くお出しし、本当の京都の厳しい冬もそれなりに楽しんでいただけるような献立をご用意し、従業員ともども皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

そんな新しい感覚の冬の京都を楽しみに、 すし岩の暖簾をくぐってください。

 

お客様のご来店、心よりお待ちいたしております。

松茸